フォト
無料ブログはココログ

ペット

2021年12月12日 (日)

講演再開

 

ご無沙汰しております。

コロナ禍で講演が途絶えておりましたが、昨日、実に1年6か月ぶりに、リアルの講演を行いました。

久しぶりすぎて試合勘が鈍っており、時間配分がうまくいかず、私としてはイマイチの出来でしたが、それでも話し終えたと同時にたくさん拍手をいただき、本当にありがたい限りです。

感染状況が今後どのように推移するか分かりませんが、順調にいけば来週、1月、2月と講演させていただく予定ですので、勘を取り戻せるようリハビリを続けます。

 

来週、12月18日は、板橋区の団体さんが主催するセミナーのゲスト講師をしますので、よろしければぜひ。

事前予約が必要なようです。詳細は以下をご覧ください。

https://www.city.itabashi.tokyo.jp/tetsuduki/pet/pet/1036626.html

実は、まだ資料が出来上がっていないのです。頑張らないと(;^_^

 

さて、講演の質疑応答でよく質問されることについて、今日は書きたいと思います。

「全頭の去勢不妊手術は終わっているし、餌の片付けもきちんとやっているのに、餌やりを止めるよう近所中から強く言われていて、地域の中で孤立無援です。どうしたら良いでしょうか?」

このようなケースでは、たいていは手術についても餌やりについても、ご近所に説明せずに進めています。

本来ならば、このような状態になってしまう前に、ご近所(特に被害者の方)に丁寧にご説明しながら、手術やフン尿対策を進めておくべきです。

ノラ猫対策は先手必勝。ご近隣への説明、周知を先手先手でやっていくことが、トラブルを未然に防ぐための鉄則です。

 

そうはいっても、すでに揉めてしまっている場合には、今さら過去を悔やんでも意味がありません。

挽回は簡単ではありませんが、やはり、地域に丁寧に説明して回る以外に、トラブル解決の方法はありません。

「全頭手術済なのでもう増えない」「猫トイレ設置などの具体的対策をする」「頭数管理のため、定点定時の餌やりをせざるを得ない」

以上を説明し、具体的な被害状況を誠実に聞き取りましょう。

相手への共感がすべてです。

猫トイレの作り方は、私のサイトから講演資料をご覧ください。

 

そして、何を言われても「忍」の一文字。耐えてください。

状況を打開するためには、「誠意誠実の積み重ね」しかありません。

マイナスからの逆転を狙う厳しい戦いではありますが、地道な努力は実を結びます。

 

ご近所からすでに不信感を抱かれてしまっていますので、ご近所への説明回りでは、誰か他の人と一緒に行動することをお勧めします。

信頼できる方がご近所にひとりでもいれば、その方と一緒に回るとか、あるいは、ボランティア団体さんに一緒に回ってもらうとか、です。

住宅街であれば、ほぼ確実に、ご自身以外にも餌やりしている方がいますので、そのような方を見つけて、一緒に行動できたら心強いですね。

「このお宅、餌やりしているかも・・・」という家を見つけるために、ノラさんの行動をよく観察してみましょう。

 

繰り返しますが、

状況を打開するためには、「誠意誠実の積み重ね」しかありません。

そして、「忍」の一文字。

一所懸命に頭を下げてください(餌やりは悪事ではありませんが、相手が被害に困っているのは紛れもない事実ですから、その事実に対して誠実に頭を下げましょう)。

とにかく、絶対にケンカだけはしてはいけません。

 

言うは易し、されど・・・。

大変なことは重々承知していますが、「地域で安心して暮らしていける」ために、ご近隣との関係回復を最優先にお考えください。

 

最後にひとつ。

身の危険を感じるほど事態が緊迫している場合は、餌やりは止めましょう。

住宅街のノラさんは、確実に複数の餌場を巡回しています。私の経験上、間違いありません。

ですから、猫さんが飢えることを心配する必要はないのです。

何よりもまず、身の安全を確保してください。

 

以上、地域猫活動と呼べる活動ではありませんが、よく質問されるので、私なりの考えを記しました。

 

2021年1月17日 (日)

みんなで広めよう!

年末に、うれしいメールをいただきましたので、ご本人の了解を得てご紹介します。

 

その方は、ある地域でノラさんの子猫が生まれている状況に心を痛め、繁殖を止めたいと考えていました。

ですが、捕獲経験もなければ餌やりさえしたことのない、まったくの初心者さんでした。

 

なんとかしたいと思い、2019年にある市で行われた地域猫セミナーに参加し、私の話を聞いてくださいました。

そして、「地域猫活動をやりたい」と考え、問題の地域の町会長さんに話をしに行きました。

 

この時点ですごいです。まったくの初心者の方が、ひとりで町会長さんに話しに行くなんて。尊敬します。

 

ですが、町会長さんからはあまりはっきりした返事はもらえませんでした。

まぁ、無理もないかもしれません。

そこで、どうしたらよいかということで、私に相談のメールをいただきました。

いくつかアドバイスをさせていただいて、それから1年数か月。

 

久しぶりのメールには、いくつもの地域で私の資料を持参して町会長さんとかけあい、地域猫活動のコーディネートをなさっている様子が書かれていました。

ご自宅の地域の町会からはじめて、すでに3つの町会で活動が立ち上がっているそうです。

 

「猫トラブルを無くすための活動」と説明することで、地域の方からはよくお礼を言われるそうで、猫が大嫌いと言っていた方が餌場の草むしりを一緒にやってくれるなど、地域全体で協力する雰囲気になっているとのこと。

さらには、他地域の餌やりさんから相談を受けることもあり、ただの餌やりさんだった方が地域猫活動の主導者になっているそうです。

 

「各地域で地域猫活動が始まっています」

「これからも地域猫を広めていきます」

とのメール文を読み、本当にうれしくなりました。

 

コロナ禍で、ほぼすべてのセミナーが中止となっています。

ですが、以前のブログに書きましたように、私が各地に行かなくてもみなさんが地域猫活動を始められるように、資料をHPで公開しています。

これまでにも、私の資料を使って活動をはじめた、とのうれしい報告をいただいています。

みんな、ひとりではありません。

誰だって最初は初心者だったのです。

だから「ちょっとの勇気」をもって、一歩前に踏み出しましょう。

私の資料が道しるべになれば、最高にうれしいです。

 

そして、ノラ猫対策に情熱を持つおひとりおひとりが伝道者となって、いろんな地域の人々に広めていってほしいのです。

そんなときにも、ぜひ私の資料をお使いください。

地域の人々が笑顔になれば、自然と猫は地域で安住できるようになります。

そんな笑顔あふれる街を、みんなで増やしていきましょう。

 

2020年10月20日 (火)

ひとりのボランティアとして

私はいつでも、ひとりのボランティアであることにこだわっています。

 

 

 

以前にも書きましたが、ボランティアの語源は聖書に書かれている「奉仕」。これは、神に仕えるということです。

 

それが転じて「志願兵」の意となります。

 

 

 

誰に強制されたのでもない、自分の判断で、自分が価値あると思う物事に、自ら身を投じる、見返りを求めない奉仕。

 

これがボランティアだと思います。

 

 

 

自発的奉仕ですから、うまくいこうがいくまいが、すべては自分の責任であり、誰のせいでもありません。

 

逆に、精神的な意味で誰にも何にも依存していないので、心は自由です。

 

 

 

うまくいかない理由を、誰か(何か)のせいにすると、自分自身のマイナス思考の囚われ人となってしまい、魂が自由でなくなります。

 

誰でも、自分の思考から逃げられないからこそ、生きづらい訳で。

 

 

私は、いつでも自由でありたいのです。

 

 

自由な魂であるために、ひとりの奉仕者であり続けたいなぁ、と思うのです。

 

2020年9月25日 (金)

音声解説付の資料をアップ

久し振りのブログ更新です。

ホームページに、私の講演資料に音声解説を付け加えた動画を、アップしました。

https://www.chiikineko.site/siryo

 

各地に呼んでいただくことはとてもありがたいことなのですが、私が行くことができない地域においても、音声解説付の資料を参考にして、地域猫活動に取り組んでいただきたいなぁ、と考えています。

私の資料を使って、音声解説を参考にして、地元行政の方や地元ボランティアさんが地域密着の講師となって、勉強会をしていただけたら、私としては最高にうれしいです。

 

それにしても、私、声はこもっているし、滑舌も悪くて、とても聞き取りにくいのです(´;ω;`)

自分で聴き直していて悲しくなりました。

何度も録音し直したのですが、「あぁ、俺には才能が無いんだなぁ」と、もはやこれ以上のクオリティは望めないと諦めまして、恥を忍んでアップいたしました。

皆さんのお役に立てたらいいな、と思って、結構頑張りましたので、ご活用いただければ幸いです。

 

2020年6月 9日 (火)

思いはつながる

先日、仕事で大変にお世話になった方が、病気で亡くなりました。

その方とは仕事観が非常に似通っていたので、その方と仕事をしていた頃は、あり得ないほど忙しかったけれど、充実していました。

いつも大声で強引だけど、本当は繊細で照れ屋で、誤解されやすい人でした。

 

思えば、多くの方を見送ってきました。

 

その昔、ある駅の周辺は、ノラ猫だらけで有名でした。

通勤帰りの多数の方が投げエサをしているようなエリアで、手のつけようがなく、地域の多くの方が困っていました。

「ただひとり、熱心に去勢不妊手術をしている女性がいる」というウワサだけがありました。

 

何年も経った頃、ひょんなことから、ウワサの当人に出会うことができました。

以来、ことあるごとに一緒に行動し、共に苦労し、また喜びも分かち合いました。

 

その方はノラ猫に対して深い慈しみの心を持っていました。

同時に、人の心の寂しさや怒り、やり切れない思いにスッと寄り添う繊細さもお持ちでした。

 

すべてのノラさんの手術が終わり、エサやりさんのご理解、ご近隣のご理解も深まりました。

かつてカンカンに怒っていた人も、すっかり彼女を信頼し、相談をする間柄になっていました。

ご近所回りをすると、「あの方は素晴らしい」と皆が口を揃えて仰るのでした。

 

ところが、急に全く連絡がつかなくなり。

ご友人に聞いても、詳細は分からないが入院しているらしい、と。

何度も留守番電話にメッセージを残していたところ、1回だけ、「ちょっと今動けないけど、またよろしくお願いします」という電話がありました。

 

数か月後、亡くなったことを知りました。

無念の棘が、今も私の心に突き刺さったままです。

 

もう、あの駅の周りにはノラ猫問題はありません。

ご友人たちがしっかり彼女の思いを継いでくださっています。

 

亡くなった後も、ご近隣は「本当にあの方は素晴らしかった」と仰っていました。

ある動物病院の先生から、「あの方の活動を継いでいる方はいるのですか?」と質問されました。

ご友人が後を継いでいることをお伝えすると、先生は「では、ご友人に、あの方と同じ料金で手術します、とお伝えください。」と仰いました。

この先生は、いわゆるTNR協力獣医さんではなかったので、事情を全然知らなかった私は、とてもびっくりしたのでした。

 

外猫への温かい眼差し。

苛立つ人の心に寄り添う懐の深さ。

地域の平和を願う思い。

 

どこまでもまっすぐな気持ち、誠実さが、人の心を震わせ、そして街を変えていきます。

口の上手さのような不純物は、むしろ邪魔かもしれません。

私はそれを、彼女から教えてもらいました。

 

あれから何年経ったのでしょう。

どうしても忘れられないのです。

 

 

2020年5月17日 (日)

世界がどんなことになろうとも

 

皆様、ご無沙汰いたしております。

いったい、何か月振りの更新でしょうか。

 

この間、世の中は大変なことになり、皆様もとても不自由な生活を強いられていらっしゃることと思います。

お仕事などで重大な局面を迎えている方もいらっしゃることでしょう。

皆様のご健康と幸運をお祈り申し上げます。

皆で力を合わせて、この難局を乗り切っていきましょう。

 

私事で恐縮ですが、職場で異動があり、4月から新しい部署で勤務しています。

なかなか忙しいのですが、特に秋が繁忙期でして、土日祝も含めて出勤が続きます。

ですので、当分の間、秋には講演などはお受けできなくなると思います。

仕方がないことではありますが、ちょっと残念でもあります。

 

さて、先日の夜、仕事後、駅から自宅への道すがら、気味が悪いほど人っ子一人いない道を歩きながら、

「世の中、ノラ猫どころではなくなっているけれど、それでもノラ猫は何も変わらず生きていて、今夜もエサを与えるために必死で通っている人がいるんだよな。」

などと考え、切ない思いがしました。

 

世界がどんなことになろうとも、人のいるところに猫はいる。

 

そういう動物なんだと思います。

なにしろ、メソポタミアの時代、人が農耕をはじめた頃から人間社会の中にいたのです。

これだけ長いお付き合いのある動物ですから、猫を人間社会から完全排除しようとしても、そう簡単にはいきません。

結局のところ、好きとか嫌いとか「あっち行け」とか言ってもあまり意味がなくて、どうやって上手く付き合っていくか、つまり、人と猫との関係を現代の人間社会に合うようにいかに整理整頓していくかが大切なんだな、と思った次第です。

 

人と猫との関係を整理する方法として、たとえば「室内飼育の推奨」があり、また「地域猫活動などのノラ猫対策」があります。

時代の流れの中で人間社会が変化し、それに合わせて、猫との関係で求められることも変わってきました。

これからも、人間社会が変われば、それに合わせて、猫との付き合い方もまた、変わっていくのでしょう。

 

変わっていくのは人間社会であって、猫はもしかすると、メソポタミアの時代から変わっていないのかもしれません。

人間社会の変化によって猫が翻弄されている、と言えなくもありません。

ですけれども、彼ら(猫さんたち)は、人間からご飯を貰って人間社会の中で生きているのですから、彼らもまた、我々と同じく、社会の変化に合わせていかねばならない宿命を背負っているのだと思います。

 

これからどんな時代がやってこようとも、猫は変わらずに人の傍らにいて、人を癒したり、笑わせたり、呆れさせたり、怒りを買ったりして、生きていくのでしょう。

猫って、考えれば考えるほど、興味深い動物ですね。

 

 

2020年3月15日 (日)

地域の中でコツコツと続いていく

先日、かつて一緒に頑張ったボラさんが、わざわざ会いに来てくださいました。

そして、猫の管理で使用している『猫リスト』を見せてくださいました。

「ほら。○○公園、ついにあと5頭になったんですよ!」

 

もう10年位前のことです。彼女が住んでいる街は、とにかく、右を見ても左を見ても、地域一帯がどこもかしこも野良猫だらけだったのです。猫コロニーがいくつあるかも分からないほど。

特に公園のことは忘れられません。あり得ない頭数がいて。苦情もものすごく……。

ボラさん(と言ったって、いわゆる普通の地域住民です)は、やりたくてやったのではなく、「もうやるしかない。仕方がない。」と覚悟を決めたのだと思います。

全くの初心者だった彼女ですが、「私、もう、やることにしました」と仰っていたのを覚えています。

一緒に色々考えたこと、懐かしく思い出されます。

 

そして時は流れ。

私も関われなくなり。

でも彼女は何も変わらずにコツコツと、地域の人たちや餌やりさんと話をしながら対策を継続し……。

 

毒餌さえ撒かれていたあの公園では、残り5頭が平和に余生を過ごしているというのです。

それどころか、あの公園だけでなく、どこを見ても野良猫だらけだったあの街で、今ではもう、野良猫はあまり見かけないというのです。

 

ごく普通の地域住民だった方が、ひたすら誠意誠実に、謙虚に、地域のためと猫のために頑張り、猫をめぐって住民がいがみ合うことのない平和な地域になった……。

泣けてきます。

 

これだから足が洗えないのです。猫好きでもないのに。

きっと「人間って捨てたもんじゃないな」って思えるからなのでしょう。

 

 

2020年3月 3日 (火)

永続可能なノラ猫対策

先日、ずいぶんと久し振りに、Webサイトを更新しました。

https://www.chiikineko.site/presen

資料をPowerPointで公開していたのですが、実はダウンロードしにくいことを知り、PDF資料に差し替えをしました。

また、いい機会なので、資料の内容を更新し、最新の講演資料とほぼ同じにしました。

微調整なので、どこが変わったのか発見するのは難しいと思いますが・・・(^^;

 

私が資料にこだわる理由は、以前にも書きましたが、「私の話を聞く機会が無い方でも、私の資料を参考にして、対策を始められるようになるといいな」と考えたからです。

なにも、私の話なんか聞く必要はないと思っています。私は主役ではないのです。

「まずは、この資料のとおりにやってみようかな」とか「地域の話し合いで、この資料を使ってみようかな」と思っていただければ、最高にうれしいのです。

 

実際、私の資料を使って活動してくださった方がいらっしゃいます(しかも、とてもうまくいったそうです!)。

もう、どんどん使ってほしいです。

 

さらに、最近思うのは、地域の方、あるいは地元行政の方が、私の資料を使って、勉強会で講師をしてくださるといいな、ということです。

私はもちろん、事前に出来る限り現地事情を伺ってから講演に臨んでいますが、それでもやっぱりよそ者だし、地域事情を肌で感じている訳ではありません。

遠くから来たゲストですから、アフターケアも万全とはいきません。

そういったことを考えると、勉強会の講師は、本来、地元行政マンや地元のボランティアさんであるべきだと思うのです。

なんといっても、地域には地域の事情があるのですから。

 

私の考える地域猫活動は、「地域の問題を、地域で解決」です。

だから講師も、地元の方であるべきだな、と。

 

そうやって、あちこちに講師の方がいる状態になり、私の出番が無くなることが、私の目指すところです。

皆さん、ぜひ私の資料を使って講師をなさってください。

地域事情に合わせて資料を改造するのもアリです(ご一報いただければ、PowerPoint資料をお送りします。)。

 

実際、私の資料を使って(改造して)講師をしている行政マンの方、ボランティアの方が、それなりにいらっしゃいます。

ホントにうれしい。

 

地域の猫問題を地域の力で解決。

勉強会の講師も遠くの人ではなく、地元の事情をよく知る人。

これが、永続可能なノラ猫対策、SDGs。

そんなふうに考えています。

 

ちなみに、ノラ猫対策のSDGsを掲げていらっしゃる団体さんが既にあるのです(^^)

さすがですね。

2020年1月25日 (土)

飼い主のいない猫にエサを与えている人は・・・

ちょっと面白いことに気付きました。

 

「ノラ猫」とか「野良猫」というのは通称名であり、法令上は「飼い主のいない猫」とされています。

これが今のところ、ノラさんの正式名称。

 

ところで、今でも

ノラ猫にエサを与えている人は、飼い主だ。だから、エサをやっている人は、猫を家に連れていくべきだ。」

というご意見を聞くことがあります。

 

このご意見を、法令上の名称に直すと、以下のようになります。

「飼い主のいない猫にエサを与えている人は飼い主だ。」

この日本語、おかしくないですか?

この猫には飼い主がいるんだかいないんだか(笑)

 

日本語からも、「エサをやっている人は飼い主」が大間違いであることが分かりますね。

本日は、国語の時間でした。

 

2020年1月18日 (土)

スーパーマンはいらない

 

ノラ猫問題に限らず、様々な社会問題において、スーパーマンみたいな人がもてはやされる傾向があります。

スーパーボランティア、スーパー行政マン、などなど。

 

動物に関する世界でも、極めて有能なスーパーマンさんが、人生を賭けて、大活躍していたりします。

それは本当にすごいことで、とてもとても私にはマネはできません。

 

正直に白状しますが、私にとって、地域猫活動の普及啓発は人生の第一順位ではありません。

私にとって、第一順位は人間関係(家族→友人)、第二順位は仕事、第三順位で「趣味」である地域猫活動の普及啓発、です。

そんなだから、「あいつは全然甘い」と批判されているかもしれませんね・・・。

 

怒られるかもしれませんが、あえて書きます。

ノラ猫対策において、スーパーマンは不要だと思っています。

不要どころか、むしろいない方がいいと思います。

 

スーパーマンは目立ちます。かっこいいです。一所懸命です。

なので、みんながその人を頼りにします。

スーパーマンもみんなの期待を意気に感じ、そもそも大きな使命感を持っていますから、全力でみんなのために頑張ります。

こうやって、スーパーマンは本当にありがたい存在となります。

しかし、その結果、人々は思考停止に陥ります。

本来であれば、人任せにぜず、自分で頑張るからこそ、精神的に自立した誇り高き市民として、地域貢献できるはずなのですが。

 

ノラ猫問題は、地域に住む一人ひとりの問題です。

一人ひとりが自分の胸に手を当てて考えるべきことです。

私は、ノラ猫に関する一般市民の意識を、全体的に向上させたい。

有能で発信力のある方には、自分で直接問題解決をするよりも、むしろ、問題解決のノウハウを広く人々に伝えてほしい。

 

「プレイヤーを増やさないと」と、ある有名な動物愛護家の方が仰いました。

そうなんです。

スーパーマンはいらない。

ごく普通の愛猫家さん、糞で困っている人、町会のおっちゃん、誰でもいいのです。

無名の一般市民がたくさん、プレイヤーとして当たり前のようにノラ猫対策をしている世の中になれば、ノラ猫を排除する空気は街から一掃される。

そう私は確信しているのです。

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー